眼瞼下垂の悩みを大阪のクリニックに相談しました

大阪、東京等の都会と地方の眼瞼下垂手術レベルについて

私は地方都市で30年前の20代に眼瞼下垂の手術を受けました。 当時の医療レベルでは仕方が無かったのかもしれませんが、腫れたり、左右差等で2度の修正、これでずっと落ち着くのかと思っていたところ、5年後に眼球の痛みが酷く、再手術をしました。 その5年後には、また眼瞼下垂になり、再々手術になりました。 やはり、女性で顔の手術をすると言う事だけでもナーバスになる事ですが、再三の手術で何年後もストレスを抱える事となりました。 医師のカウンセリングも曖昧で、眼瞼下垂の病気が治るより、精神的に辛い思いを引きずりました。 その時、いつも思っていた事が、大阪、東京等の都会で受けるべきだったと。 現在は、美容で手術される方が増え、医療技術も数段向上して何度も手術する事や主要都市と地方都市の差も余りもないかもしれません。しかし、今日では、若者から美容整形として安易に手術される方が増え、失敗したと心痛める人が多いと聞きます。 はっきりとした眼瞼下垂ならば視力に影響を及ぼす為、手術は必要ですが、安易に美容で手術する事にはかなりのリスクがあると覚悟して行うべきだと感じてます。 医療技術も30年前の都会と地方の差は無くなったのかも知れませんが、 病院選びも慎重にするべきです。

年齢を重ねると共に瞼が下がってきたのが悩み大阪のクリニックで眼瞼下垂についての治療説明を聞く手術後は瞼が正常な状態に戻り表情が明るくなった大阪、東京等の都会と地方の眼瞼下垂手術レベルについて